男の料理ベスト10
お問い合わせリンク男の料理ベスト10

チャーハン

チャーハンは中華料理として食べる機会よりも、家庭料理として食べる機会が多い料理といえます。卵とネギとご飯というどんな家庭にもある食材で作れるという手軽さと、どんな具材にも合う懐の深さがチャーハンの人気の秘密といえます。ここでは、チャーハンを美味しく作るための方法を紹介していきます。

チャーハンを作ろう

チャーハンは米食文化圏であるアジア各地にそのバリエーションが見られる米料理のメジャーリーガーといえる存在です。日本では、中華料理屋やレストランだけでなくラーメン屋でも扱うことが多い料理であるため、非常に身近な料理となっています。

男の料理としてのチャーハン

チャーハンは調理法が簡単でかつ美味しいという稀有な料理なので、多くの男性が料理のレパートリーに加えています。しかも、本格的に作るとなると重い中華鍋や高火力のコンロなどの設備投資や鍋を振るう腕力が必要となるので、非常に男性向きの料理といえます。

チャーハンの便利さ

チャーハンが日本に広く浸透した理由は、美味しさだけでなく「冷蔵庫の掃除にも最適」であるということにもあるといえます。肉や魚だけでなく、野菜や漬物なども細かく刻んでしまえば立派なチャーハンの具材に化けます。元々、チャーハンは冷めたご飯を美味しく食べるために考え出された調理法であるといわれているので、食材を無駄にしない料理でもあるといえます。

美味しいチャーハンの作り方レシピ

レストランで出るような米が一粒一粒パラパラになった本格的なチャーハンは、工夫次第で家庭でも再現できます。

材料(一人分)

ご飯…一膳半、長ネギ…1/6本、卵…一個、油…大さじ1杯、塩・コショウ・醤油…少々

作り方

調理する前に卵は割って溶き卵にしておきます。フライパンを火に掛け、充分に温めたら油を引き馴染ませます。卵を入れて半熟状に火が通ったらご飯を入れ、卵を絡めるように混ぜ合わせます。卵がご飯全体に混ざり合ったらネギを入れ、塩・コショウで味付けします。醤油は鍋肌から入れて香りを付けるようにします。全体的に火が通ったら皿に盛り付けて出来上がりです。

美味しく作るポイント

チャーハンが美味しく感じられるためのポイントは、「ご飯がパラパラになっている」ことであると言えます。ご飯が固まってダマになっているとボソボソとした歯ざわりになって美味しくないのです。本格的なチャーハンは、ご飯を卵と油で一粒ずつコーティングすることでパラパラ感を出していますが、卵が半熟の状態のときにご飯を投入しなければならないというタイミングの見極めが非常に難しいといえます。

パラパラなチャーハンを作る裏技

チャーハンに関する裏技として広く知られているのが、「卵掛けご飯にして卵とご飯を投入する」という方法です。この方法を使うことで、ご飯全体に卵が絡んでパラパラのチャーハンを簡単に作れるようになります。また、「フライパンの代わりにホットプレートを使う」という方法もあります。ホットプレートは、フライパンと違って熱源が鉄板全体にあるため熱が下がりにくいので、パラパラのチャーハンが作りやすいというメリットがあります。

男の料理
<a href="http://otoko10.com/" target="_blank"><img src="http://otoko10.com/img/banner.gif" alt="男の料理" width="88" height="31" border="0"></a>

男の料理ベスト10

<a href="http://otoko10.com/" target="_blank">男の料理ベスト10</a>

広告掲載