男の料理ベスト10
お問い合わせリンク男の料理ベスト10

しょうが焼き

豚肉のしょうが焼きは、生姜の風味と味が付いて普通に豚肉を焼くよりも美味しい肉料理です。調理自体も肉料理の中ではかなり手軽な部類に入るため、味付けなどを含めて「男の料理」であるといえます。ここでは、しょうが焼きを美味しくするための工夫と基本的なレシピを解説していきます。

しょうが焼きを作る

しょうが焼きはシンプルな肉料理であり、人気のある料理の一つです。香味野菜である生姜の風味が、食欲増進効果を発揮しスタミナ料理としてとの一面を付加しています。また、豚肉の生姜焼きが一番有名ですが、鶏肉・牛肉と使用する肉を問わないのも特徴といえます。

しょうが焼きのメリット

しょうが焼きは、「簡単に作れること」「一手間加えるだけで立派な料理になる」ということがメリットとして挙げられます。普通に肉を焼くだけでは、あまり料理という感じがしないのですが、しょうが焼きにするともうそれだけで肉料理として成立するのです。また、薬としても使われることのある生姜は身体を温める食材でもあるため、夏バテなどで体力の落ちた人にも効くスタミナ料理ともなるという特徴があります。

しょうが焼きのバリエーション

しょうが焼きの名前の由来は、生姜で肉に風味付けしていることにあります。つまり、「生姜とそれ以外の薬味を加えて風味付けした肉料理」は全てしょうが焼きのバリエーションであるといえます。このように生姜に加えてネギやアサツキを使う料理は「若草焼き」、ニンニクと唐辛子を加えた料理を「南蛮焼き」と呼びます。

しょうが焼きの美味しいレシピ

しょうが焼きのポイントは、「生姜を使ったタレで肉を焼く」ことにあります。タレに肉を漬け込むと、タレに含まれる塩分で肉の水分が抜けて固くなってしまうのです。市販の調味料にはしょうが焼き用のタレもありますが、好みの味付けに調整できる自家製のタレの方が良いとも言えます。肉に照りをつけるためにタレに砂糖を加えることがありますが、入れなくても構いません。

材料(一人分)

豚肉…100g、たまねぎ…1/2個、醤油…大さじ2杯、砂糖…大さじ1杯、生姜…20g、みりん…大さじ3杯、サラダ油…大さじ1杯

作り方

ボウルなどに醤油・みりん・砂糖とすり下ろした生姜を入れて、よくかき混ぜてタレを作ります。たまねぎもあらかじめ切っておきます。フライパンを火に掛けて、サラダ油を引いた後豚肉を焼きます。肉の両面を軽く焼いたらたまねぎタレを入れて、絡めて炒めます。肉に充分火が通ったら肉を取り出し、皿に盛り付け付け合せのたまねぎを添えて出来上がりです。

付け合せの野菜

しょうが焼きを始めとする肉料理には、付け合せに野菜をつけるのが風習となっています。野菜のつけ合わせには栄養のバランスと、口の中を野菜でさっぱりさせるためという目的があるのです。レシピではたまねぎを使っていますが、キャベツやもやしやピーマンなどもしょうが焼きの付け合せに合います。また、しょうが焼きを作った後のフライパンんに残ったタレを使って野菜炒めを作るのも最高です。

男の料理
<a href="http://otoko10.com/" target="_blank"><img src="http://otoko10.com/img/banner.gif" alt="男の料理" width="88" height="31" border="0"></a>

男の料理ベスト10

<a href="http://otoko10.com/" target="_blank">男の料理ベスト10</a>

広告掲載