男の料理ベスト10
お問い合わせリンク男の料理ベスト10

焼きそば

焼きそばは、麺料理の中でも主食とおかずの特徴を併せ持つ料理の一つであるといえます。特にソース焼きそばは、日本人の好みに合う味付けでインスタント焼きそばの中核を為しているといえます。ここでは、男の料理としての焼きそばのレシピとバリエーションを中心に解説していきます。

焼きそばを作ろう

夏祭りなどに出展している屋台の焼きそばは、その気が無くてもついつい食べたくなってしまうことがあります。香ばしいソースの香りと、鉄板の上で豪快に調理されていく様子が食欲を刺激するのです。

焼きそばのルーツ

日本における焼きそばのルーツは、中華料理にあります。中華料理の「炒麺」と呼ばれる、野菜と麺を炒め塩やスープで味付けした料理が焼きそばの原型であるといえます。日本の焼きそばは、中国から帰還した元入植者によって伝えられたものがアレンジされて出来た料理であるといわれています。

焼きそばの種類

日本における焼きそばの中でも、最も人気があるのが「ソース焼きそば」です。ウスターソースで味と風味を付けているのが特徴で、ソース好きの日本人の味覚にあった焼きそばになっています。ソース焼きそばのほかには、ソースを使わない「塩焼きそば」や中華料理の「あんかけ焼きそば」があります。あんかけ焼きそばは、麺を油で揚げるので他の焼きそばにはない食感があります。

おかずとしての焼きそば

関西には、焼きそばをおかずにして食べる「焼きそば定食」があります。基本的に麺料理は主食にもおかずにもなり得る料理ですが、汁気の無い焼きそばは単品で成立した存在であるといえます。しかし、焼きそばとご飯やパンとの相性は非常によく、焼きそば定食だけでなく「焼きそばパン」も人気を得ています。

美味しいソース焼きそばのレシピ

ソース焼きそばは、大抵市販されている麺の袋に書いてあるレシピに従って作れば平均的な美味しさに仕上がるように出来ているものです。しかし、本当の意味で「美味しい焼きそば」を作れるわけではないのです。そこで、本当に美味しい焼きそばを作るためのレシピを紹介していきます。

材料(一人分)

焼きそば用麺…一玉、キャベツ…1/4個、たまねぎ…1/4個、ニンジン…1/4本、豚ばらスライス…50g、青海苔、ウスターソース…大さじ2杯、サラダ油…大さじ1杯

作り方

豚肉と野菜は食べやすい大きさに刻んでおきます。熱したフライパンに油を引き、豚肉・野菜の順で炒めていきます。続いて麺を投入して、水分を加えて麺をほぐしていきます。充分に麺がほぐれたらソースを全体的に絡むように混ぜ合わせていきます。水分が飛んで、麺が箸に絡みやすくなる前に火を止めて、皿に盛り付けて青海苔を振り掛ければ出来上がりです。

麺をほぐすコツ

美味しい焼きそばのポイントは、「水分を加えて麺をほぐすこと」にあります。しかし、フライパンや鉄板は材料や水を投入されると表面の温度が低下して、火力のロスが生じやすくなります。特に冷たい水を使うと、温度が急速に冷えて麺が充分にほぐれないことが多いのです。この問題を解決し美味しい焼きそばを作るためには、「フライパンへの差し水をお湯にする」、または「麺を袋に入れたまま電子レンジで一分ほど加熱する」といった方法を使うのがベストです。

男の料理
<a href="http://otoko10.com/" target="_blank"><img src="http://otoko10.com/img/banner.gif" alt="男の料理" width="88" height="31" border="0"></a>

男の料理ベスト10

<a href="http://otoko10.com/" target="_blank">男の料理ベスト10</a>

広告掲載