男の料理ベスト10
お問い合わせリンク男の料理ベスト10

野菜炒め

野菜炒めは、男の料理の中でも野菜の摂取を効率的に行なえる上に食費が抑えられるという優れたメリットを持っています。
ここでは、肉を入れれば立派なおかずとして通用する野菜炒めを美味しく作る方法などを中心に男の料理としては定番の「野菜炒め」の魅力を解説していきます。

野菜炒めを作ろう

一日に必要な栄養素を効率よく摂取するためには、野菜をたくさん食べる必要があります。しかし、野菜よりも肉の方が好きという人は野菜が好きな人よりも多いといえます。肉が好きな人でも野菜をしっかり取ることが出来る料理なのが、野菜炒めなのです。

野菜炒めの定義

野菜炒めは、「さまざまな野菜を油で炒めて、塩コショウなどで味付けした料理」であると定義できます。炒め油と味付けの効果で、肉料理のようにご飯のおかずとして美味しく食べられるのも特徴といえます。また、野菜炒めに使われる野菜は基本的にキャベツや白菜などの葉物野菜や、ニンジンやピーマンやたまねぎなどの歯ごたえのある野菜、ニラやもやしといった安価な野菜が多いようです。

野菜炒めの利点

野菜炒めのメリットは、「野菜を豊富に取ることができる」ことが大きいと言えますが、「肉なしでも満足感が得られる」「食費を抑えることが出来る」などがあります。また、スーパーによってはカット済みの野菜を野菜炒め用として包装したものを売っていることがあり、自炊生活をしている人にとって野菜炒めは非常に身近な料理であるといえます。

野菜炒めと肉の関係

野菜炒めは肉なしでも美味しく食べられる料理ですが、家庭によっては肉を入れることがあります。肉を入れた野菜炒めは中華料理の一種として取り扱われることが多いのですが、家庭料理としての肉野菜炒めはむしろ日本独自の料理としての色合いを強く持っています。野菜炒めに肉を加えることのメリットは、「少ない肉でも満足感を得られる」「使う食器が少なくて済む」「肉と野菜をバランスよく摂取できる」などが挙げられます。

野菜炒めを美味しく作るために

野菜炒めは、シンプルなだけに美味しさが作る人によって大きく変わってくる料理であるといえます。どのような点に注意すれば美味しい野菜炒めを作れるかというテクニックを紹介していきます。

下ごしらえ

野菜炒めのポイントは、炒める前の下ごしらえにあります。野菜は火の通りが肉や魚に比べて時間がかかる上に、火を通している間に水気が出て美味しさや栄養が抜けやすいのです。そのため、野菜の火の通りと栄養が抜けにくくするための下ごしらえが重要になります。中華料理では、熱した油に短時間付けて熱を通す「油通し」が一般的ですが、塩を入れた熱湯に浸ける「湯通し」でも充分に効果があります。これらの下ごしらえをすることで野菜の発色がよくなり、食欲をそそる見た目になるという効果もあります。

効果的な調理法

野菜炒めは「強火で短時間炒める」のがポイントとされていますが、家庭用の調理器具では火力が業務用の調理器具より弱めになっているため、お店の味を再現することは難しいと言えます。野菜炒めを美味しくするためのポイントとしては、「あらかじめフライパンを熱する」ことと、「蓋をする」ことです。フライパンを充分に熱しておくことで、火力の低さを補うことができます。また、蓋をすることで具材が水蒸気で蒸されて熱が通る時間を短縮できます。

味付けと風味

野菜炒めでもどんな料理でも、味付けと風味を変えることは美味しく食べるために重要な要素であるといえます。にんにくやショウガなどの香味野菜は、食欲を高める風味をつけてくれるだけでなく身体にも良い食材です。味付けも醤油を使えば和風に、オイスターソースを使えば中華風に変化します。このような工夫を重ねることで、野菜炒めを飽きずに食べることが出来ます。

男の料理
<a href="http://otoko10.com/" target="_blank"><img src="http://otoko10.com/img/banner.gif" alt="男の料理" width="88" height="31" border="0"></a>

男の料理ベスト10

<a href="http://otoko10.com/" target="_blank">男の料理ベスト10</a>

広告掲載