男の料理ベスト10
お問い合わせリンク男の料理ベスト10

スパゲッティ

スパゲッティは、男の料理の一角を担う料理であるといえます。
手軽さと満足感と食費のバランスが良く、一人暮らしの男性の強い味方として根強い人気を持つスパゲッティを美味しく作るためのコツなどを解説していきます。また男に最適な美味しい作り方レシピも紹介していきます。

スパゲッティを作る

スパゲッティは、日本で最も有名なイタリア料理といえます。正確には、小麦を加工した食品を使った料理全般を「パスタ料理」と呼び、スパゲッティもパスタ料理の一部に含まれて居ます。

スパゲッティの魅力

スパゲッティが男の料理として根強い人気を持っているのは、やはり「低価格食品」であるというのが大きいと考えられます。100円ショップでも手軽に買えるスパゲッティは、一人暮らしには最適な食材であるといえます。また、様々な味付けに合わせられる点もスパゲッティの魅力といえます。ペペロンチーノやカルボナーラのような本場の味付けから、たらこスパゲッティやナポリタンのような日本独自の味付けなどの幅広いバリエーションが存在しているのがその証拠といえます。

固ゆでか、柔らかめか

スパゲッティの最高の茹で加減として言われる「アルデンテ」は「麺の真ん中に細い芯が残るくらい」の茹で加減のことです。しかし、日本人はうどんやそばなどを見ても判るように麺類にはあまり固さを求めない気風があります。自分の好みに合わせて茹でるのが一番ですが、スパゲッティは調理後も余熱で柔らかくなっていくので調理中はやや固めに茹でるのが重要です。

男のスパゲッティ・レシピ

男の料理としてのスパゲッティといえば、やはりにんにくと唐辛子を使ったペペロンチーノが定番といえます。少ない具材で簡単に作れて美味しいのがその人気の秘密なのです。

材料(一人分)

スパゲッティ…80g程度、水…2リットル、塩…大さじ1杯、にんにく…一片、鷹の爪…一本、油…大さじ二杯、塩・コショウ…少々

作り方

にんにくはみじん切りに、鷹の爪は輪切りにしておきます。にんにくは包丁の腹で潰してから刻むと風味が引き立ちます。大きめの鍋に水を入れて沸騰させた後、塩とスパゲッティを投入します。スパゲッティが鍋からはみ出る場合は半分に折っておきます。充分な茹で加減になったら火を止めてスパゲッティを鍋から引き上げておきます。フライパンに油を引いて熱し、にんにくと鷹の爪を投入して焦げ付かないように炒めていきます。にんにくがキツネ色に揚がったら、スパゲッティの茹で汁をお玉で2〜3杯程度投入しよく混ぜ合わせます。油と茹で汁が混ざった所でスパゲッティを投入し、かき混ぜていきます。汁気が充分に飛んだら塩・コショウで味付けして、皿に移せば出来上がりです。

乳化現象が決め手

ペペロンチーノの味を決定するのが、「油の乳化」です。乳化とは、本来混じりあわない水と油が他の物質の助けを借りて混ざり合う現象のことです。乳化した油は、スパゲッティ全体に絡みやすくなり味付けにムラがなくなります。乳化こそがペペロンチーノ、ひいては油を使うスパゲッティ料理のポイントなのです。

オイルの作り置きでもっと手軽に

ペペロンチーノの味の決め手は、なんと言ってもにんにくの風味と唐辛子の辛さです。しかし、パスタを茹でてから油の風味付けを行なうと、茹で加減が微妙に変化してしまうという悩みがあります。ならば、先に風味付けしておいた油を使って調理の手間を簡略化してしまいましょう。ペペロンチーノオイルは、ペペロンチーノだけでなく自家製調味料としても重宝します。

ペペロンチーノオイルの作り方

ペペロンチーノオイルの材料は、オリーブオイルとにんにくと鷹の爪だけです。にんにくは皮を剥いて、芽を取っておきます。密封できるビンに、輪切りにした鷹の爪と薄切りにしたにんにくを投入し、オリーブオイルを注ぎ込んで1週間ほど冷蔵庫で保存しておけば完成です。

男の料理
<a href="http://otoko10.com/" target="_blank"><img src="http://otoko10.com/img/banner.gif" alt="男の料理" width="88" height="31" border="0"></a>

男の料理ベスト10

<a href="http://otoko10.com/" target="_blank">男の料理ベスト10</a>

広告掲載